イルカとの触れ合いで気分改善? 大学と水族館がタッグを組み実験スタートへ 愛知

地域 くらし・生活 友だち追加

イルカとの触れ合いで気分は改善するのか? このテーマを科学的に立証しようと、南知多ビーチランドと中村区の同朋大学がタッグを組むことになり、28日協定が結ばれました。

精神保健が専門の川乗賀也准教授がゼミの学生らと今後実験を行います。イルカと触れあった前後で、唾液に含まれるアミラーゼの量がどう変わったかなどを調べ、「気分」との相関関係を明らかにしたいとしています。

同朋大学・川乗賀也准教授:
「根拠のあるストレス発散の方法の1つとして考えてもらい、適切なストレス解消につなげられたら」

実験は2024年秋ごろに行い、論文として発表する方針です。

おすすめの記事

おすすめの記事

アクセスランキング

アクセスランキング

ページトップへページトップへ