「猛暑で魚の状態が良くない」マダイは50円値上がり 岩ガキは生産量減少で例年より200円高く

経済 地域 くらし・生活 天気 友だち追加

名古屋市中区大須の魚安商店で、マダイや岩ガキ、キンメダイの価格について話を聞きました。

マダイ

●マダイ 100グラム
店頭価格500円(仕入れ価格 前週比+50円)

魚安商店 担当者:
「猛暑が続くと、魚の価格が高くなる傾向にあります。気温が高く、水温も上がっているので魚の状態が良くありません。良いモノを買おうとすると、どうしても高くなってしまいますね」

岩ガキ

●岩ガキ 特大 約1キログラム
店頭価格1180円(仕入れ価格 前週比±0円)

「例年と比べて200円ほど高いです。いまは素潜りでとっています。そのため手間がかかったり、出回る量が少なくなったりするので、値上がりしました」

キンメダイ

●キンメダイ 100グラム
店頭価格450円(仕入れ価格 前週比±0円)

「千葉県産のキンメダイが禁漁になっています。きょう(8日)、たまたま愛知県産のキンメダイが入荷しましたが、価格は変わりませんでした。今後もキンメダイは現状の価格が続きそうです」

(7月8日放送「5時スタ」より)

おすすめの記事

おすすめの記事

アクセスランキング

アクセスランキング

ページトップへページトップへ