「本当に違う国に来たみたい」 名古屋市教委金品授受問題 20年前から市教委OBに人事案を示す

政治 社会 友だち追加

名古屋市教育委員会が校長会などの団体から金品を受け取っていた問題です。元市教委の人物らに人事案を示して意見を聞く「内覧」を少なくとも20年前から行っていたことが新たに分かりました。

この問題は、校長会などの教員団体が、人事を担当する教職員課に校長などの推薦名簿を提出する際、現金や商品券を渡していました。7月8日、調査検証チームが開かれ、内覧で人事案を示されていた元市教委の人物らにヒアリングした結果が報告されました。

その結果、少なくとも2004年ごろからその人物らに人事案を示し、意見をもらっていたことが分かりました。調査チームは、現時点で人事への影響はないとしたうえで、守秘義務違反のおそれがあるとの認識を示しました。

調査チームの座長 京都芸術大学・寺脇研教授:
「何をやっているんだという話。本当に違う国に来たみたい」

おすすめの記事

おすすめの記事

アクセスランキング

アクセスランキング

ページトップへページトップへ