将棋・王位戦七番勝負 第1局2日目 藤井聡太七冠が防衛すれば「永世王位」 7月7日の夜に決着の見通し

社会 地域 スポーツ総合 くらし・生活 エンタメ コラム・特集 話題 友だち追加

将棋の藤井聡太七冠が防衛すれば、2つ目の永世称号獲得となる王位戦七番勝負。第1局2日目の対局が、名古屋の徳川園で行われています。7月6日から、東区の徳川園で行われている王位戦七番勝負の第1局。藤井七冠が、渡辺明九段の挑戦を受けています。

2日目の7月7日は、午前9時に封じ手が開封され、対局が再開しました。藤井七冠は現在、王位戦を4連覇中で、今回、防衛に成功すれば永世称号の1つ「永世王位」の資格を手に入れます。

対局は、午後3時44分に、同じ局面が4回繰り返される「千日手」が成立。午後4時14分に、渡辺九段の先手で再開しました。

勝敗は、7月7日夜に決着する見通しです。

おすすめの記事

おすすめの記事

アクセスランキング

アクセスランキング

ページトップへページトップへ