MSJ資産管理(旧三菱航空機)が特別清算を申請 負債額約6413億円

経済 社会 地域 友だち追加

愛知のニュース

帝国データバンクによりますと、MSJ資産管理(旧三菱航空機)が7月4日、東京地裁に特別清算を申請しました。

MSJ資産管理は三菱航空機時代に三菱重工業の子会社として国産リージョナルジェット機「スペースジェット」(旧称MRJ)の開発を進め、2011年に初飛行、2013年に量産初号機が納入される計画となっていました。

しかし、実際の初飛行は2015年、納入は2020年2月までに6回延期となるなど、見通しが立たない状況のなか、新型コロナの感染拡大により航空旅客需要が喪失。その後の開発が事実上の凍結となるなか、2023年2月に開発中止が発表され、同年4月に三菱航空機からMSJ資産管理に商号を変更。2024年3月31日の株主総会の決議により解散しました。

負債は2024年3月末時点で約6413 億円です。

おすすめの記事

おすすめの記事

アクセスランキング

アクセスランキング

ページトップへページトップへ