賞金総額「1000万円」のビジネスコンテスト開催 ユニコーン企業の創出を目指す 愛知県

経済 地域 くらし・生活 友だち追加

テレビ愛知

愛知県は6月25日、スタートアップの成長を後押しするため、賞金総額1000万円のビジネスコンテストを2024年度に3回開催すると発表しました。

県が開催するのは、設立から5年以内のスタートアップを対象に、アイデアを募り審査するビジネスコンテストです。1回目の開催については「ものづくり」「農業・水産・食」「環境・エネルギー」のいずれかのテーマに関するビジネスプランについて競い合います。

賞金金額は、優勝企業が500万円、2位が300万円、3位が200万円です。県によりますと、賞金総額が1000万円のビジネスコンテストは国内最大規模だということです。県はこうした事業を通し、TikTokを運営する「バイトダンス」や、宇宙開発企業「スペースX」のような、非上場でも価値が10億ドルを超える評価を得る、ユニコーン企業を県内から創出したい考えです。

愛知県 大村秀章知事:
「コンテストで優秀なスタートアップを誘致して、地域の課題解決につなげていきたい」

おすすめの記事

おすすめの記事

アクセスランキング

アクセスランキング

ページトップへページトップへ