「子どもが遊具で安心して遊べるように」 保護者の目線で公園の遊具の安全点検を実施

くらし・生活 友だち追加

県内の保護者らが6月26日、安城市の公園で遊具の安全点検を行いました。

この点検は、子どもが遊具での事故に遭わないよう毎年夏休み前に行われています。保護者らは、遊具のひび割れの具合や、安全マットの設置場所などを念入りに確認していました。

26日の点検で、保護者らが指摘したのは、ブランコの下に敷かれたマットについてです。一部分だけ土からマットが浮いていて、子どもがつまずいて転ぶ恐れがあるとして、県に報告して修繕するよう求めるということです。

愛知県地域連絡協議会 加藤愛子会長
「(子どもは)指で、いろいろなものを触るのでそのときにけがをしないように細かいところまで点検している」

おすすめの記事

おすすめの記事

アクセスランキング

アクセスランキング

ページトップへページトップへ