宿泊税は「客足が遠のく」 観光促進のため導入予定も、宿泊事業者・旅行客からは不安の声も 愛知・常滑

政治 経済 社会 地域 くらし・生活 友だち追加

常滑市の宿泊税(2025年1月6日~)

東海地方の空の玄関口、愛知県常滑市で2025年1月から「宿泊税」が導入されます。観光促進のための施策ですが、一部の関係者からは、むしろ「客足が遠のく」と不安の声が上がっています。

【動画で見る】宿泊税の導入 背景は「空港島」の事情 賛否の声

宿泊税の使い道(常滑市)

常滑市の中部国際空港。新型コロナの影響で、一時は便数ゼロとなった国際線も、コロナ禍前の6割まで回復し、大型連休中は賑わいを見せました。

空港の周辺には大型ホテルが立ち並んでいます。市内あわせて39の宿泊施設では、年間約80万人の利用があります。そんな中、常滑市が打ち出したのが…宿泊客から徴収する「宿泊税」です。

常滑市の宿泊税は、市内のホテルや旅館などに宿泊する人すべてに対し、1人あたり200円を宿泊料金に上乗せして徴収します。2025年1月6日から導入予定で、始まれば東海地方で初の取り組みです。

導入の背景にあるのは、「空港周辺に訪れる客が市街地にまで足を運ばない」という問題です。

伊藤辰矢市長:
「ちょっと(空港島から)橋を渡れば、飲食店もいっぱいある。時間つぶしをする観光地もあるということを、われわれが伝えきれていない。そこが恐らく、かみ合っていない。空港や国際展示場の背後にある地域としての魅力を上げる」

市は宿泊税の導入で年間約2億円の税収を見込んでいます。集めた税金の使い道は、空港周辺と市街地を結ぶシャトルバスの運行や、夜間の観光や飲食の充実、多言語に対応した観光案内の整備などにあてたいとしています。

伊藤辰矢市長:
「本当にわれわれにとってはもったいない状況だし、利用者も不満が残る部分が出ているので、(宿泊税の活用を)やれば、地元の飲食店や店は今の何倍も多くの人に来てもらうことは、想像がついている」

宿泊事業者は「宿泊料金に上乗せはできない」

伊藤市長は宿泊税の活用に自信をみせるが…

市内の飲食店からは期待の声が聞こえてきます。愛知県産の食材を使った料理を提供するレストランは…

共栄窯 鈴木雄太店長:
「市の積極的な姿勢については期待している。(宿泊税を活用して)市全体で盛り上がればいいと思う。国際展示場もあるので、そこに来た客が空港島だけでなく、市街地にも来ていただけると、魅力が詰まっているので楽しんでほしい」

しかし、「宿泊費の安さ」をアピールしてきた一部の宿泊事業者からは、むしろ客足が遠のくことを心配する声も…

宿泊事業者:
「大反対です。コロナで散々痛めつけられて、ようやく景気が上向くかなという矢先。1円でも安くという考えがあるので、100円、200円は大きい」

別の宿泊事業者も…

宿泊事業者:
「安い料金でやっていた中で、200円料金が上がるというのは痛手で、物価上昇にあわせて料金を上げたばかりなので、さらに200円上げるというのは、他と競い合う時に大きい」

宿泊料金に上乗せはできないと話します。

宿泊事業者:
「自分たちでお金を支払って、客には通常料金でやってもらう。全体が上がっているので、その中で客から増額するのは難しい」

おすすめの記事

おすすめの記事

アクセスランキング

アクセスランキング

ページトップへページトップへ