「2024年は出来が良い」「甘みも十分」 愛知県内有数のモモの産地、豊田市猿投地区で出荷がピーク目前

社会 地域 くらし・生活 友だち追加

テレビ愛知

愛知県内有数のモモの産地、豊田市猿投地区でモモの出荷がピークを迎えるの前に、生産者らが2024年の出来栄えなどを市長に報告しました。

赤く色づき、食べごろになったモモ。6月24日は、豊田市の猿投地区でモモをつくる生産者やJAの職員が市役所を訪れ、太田稔彦市長にわせ品種「日川白鳳」を手渡しました。

猿投地区の桃は甘みが強く、なめらかな果肉が特長です。生産者は「2024年は出来のいい年で、実の大きさも立派なものができた」と報告し、試食した市長も「甘みは十分」と評価していました。

猿投地区の桃は7月上旬に主力品種「白鳳」が出荷のピークを迎えます。

おすすめの記事

おすすめの記事

アクセスランキング

アクセスランキング

ページトップへページトップへ