「ホタルの光」を撮影 上野気象予報士が初夏の風物詩“ホタルの光”を探しに岡崎市へ

くらし・生活 友だち追加

初夏の風物詩「ホタルの光」を探しに、気象予報士の上野高明さんがホタルの名所を取材しました。

上野高明 気象予報士:
「岡崎市鳥川町に来ています。ホタルがよく見られる『名所』と聞いてきたのですが・・・、看板がありますね。岡崎市ホタル学校、ホタルの学校なんでしょうか」

この場所には手つかずの自然が残り、愛知のホタルの名所として知られています。

上野気象予報士:
「この学校でどの時間、どこでホタルが光るのか。教えてもらえるのでしょうか」

ホタルの生態に詳しい鳥川ホタル保存会、片岡喜幸さんに話を聞きました。

上野気象予報士:
「どんなところにホタルが多く見られるのでしょうか」

鳥川ホタル保存会 片岡喜幸:
「どこでもいいというわけではない。カワニナが生息している場所でないと育たない。(ホタルの幼虫が)カワニナを食べてサナギになって成虫となる。(ホタルが多くみられる時間帯は)午後8時ごろと午後11時ごろ」

ホタルの光を撮影

さっそく「ホタルの光探し」スタートです。

上野気象予報士:
「(ホタル)撮れてますかね。結構光っています」

果たしてホタルの光は撮影できたのか。上野さんがデジタルカメラで撮影した写真にはくっきりとホタルの光を映すことができました。

こちらの場所では、6月中旬までホタルが鑑賞できるということです。

おすすめの記事

おすすめの記事

アクセスランキング

アクセスランキング

ページトップへページトップへ