“カスハラ”受け業務に悪影響が出た企業63.4% 愛知県が具体的な施策を検討する協議会設置へ

政治 社会 地域 くらし・生活 友だち追加

テレビ愛知

客からの暴言や悪質なクレームなどの迷惑行為、いわゆる「カスタマーハラスメント」について、愛知県は10日、防止に向けた具体的な施策を検討する「協議会」を新たに立ち上げると発表しました。

厚生労働省の実態調査によりますと、過去3年間でカスタマーハラスメントを受け、「通常業務の遂行に悪影響が出た」と回答した企業が63.4%となるなど、カスタマーハラスメントは社会的な問題となっています。

こうした状況から県は10日、カスタマーハラスメントの防止に向けた具体的な施策を検討しようと、経済団体や労働者団体、大学教授など15人で構成される協議会を立ち上げると発表しました。

協議会は6月13日に第1回が開かれ、年内に3回ほど開催される予定です。

大村秀章知事は「カスタマーハラスメントは社会的に大きな問題。条例制定も含めて施策の方向性を検討したい」と語りました。

おすすめの記事

おすすめの記事

アクセスランキング

アクセスランキング

ページトップへページトップへ