「うるせぇ黙れ、コラ」 JR名古屋駅で無差別殺傷事件への対応訓練 初動の対応能力を強化へ

社会 地域 友だち追加

多くの人が行き交うJR名古屋駅で、無差別殺傷事件に対応するための訓練が行われました。

犯人役の男:
「ぶっ殺してやる。うるせぇ黙れ、コラ」

刃物を持った犯人役の男が通行人らに次々と切りつけて、けが人が出た想定で行われ、警察や名古屋駅の職員ら約40人が参加しました。

盾や「さすまた」を使い、犯人役の男を押さえ込む駅の職員たち。通報を受けた警察官が駆けつけ、警棒を使って刃物を叩き落とし、犯人役の男を確保しました。

その後、消防隊員が、負傷者のけがの具合を見定めて搬送順を決めるトリアージを行いました。

中村警察署 地域課 林寿俊課長:
「いろんな事案を想定して引き続き訓練を重ね、初動対応能力をどんどん強化していきたい」

おすすめの記事

おすすめの記事

アクセスランキング

アクセスランキング

ページトップへページトップへ