リニア期成同盟会の総会 静岡県知事が変わり開業は早まるか 来賓議員「反対同盟会ではなく促進同盟会」

経済 社会 地域 友だち追加

リニア中央新幹線の建設を推進する沿線自治体で作る「リニア中央新幹線建設促進期成同盟会」の総会が6月7日行われ、早期全線整備に向けて、協力して要望活動を行うことなどが決議されました。

早期開業が期待されるリニア中央新幹線。静岡工区では、大井川の水問題や生態系の保全などの課題を抱え、未だ工事が進んでいません。JR東海は2024年3月、目標としていた2027年の開業を断念しました。

そうした中、6月7日に行われたのは、「リニア中央新幹線建設促進期成同盟会」の総会。沿線の自治体のトップらが早期実現を目指して、一堂に会しました。

静岡県 鈴木康友知事

今回からは、新しく静岡県知事に就任した鈴木康友知事も初出席。川勝平太前知事は、大井川の水問題などを理由に、工事を認めていませんでしたが…

静岡県 鈴木康友知事:
「現行ルートでの整備、スピード感をもって課題解決に向けた取り組みを進めるとともに、まずは品川ー名古屋間の開業、その後、大阪までの全線開業を目指す立場を共有している。一方で、水と環境の問題はないがしろにはできない。

本県は、リニアの整備と大井川の水資源、および南アルプスの自然環境の保全との両立に向け、国と協力をして、スピード感を持ってJR東海との対話を進めていく。そして、リニアの早期全線開業に向けて、同盟会を構成する各都府県と結束し、一丸となって取り組んでいくので、どうぞよろしくお願いします」

古屋圭司 衆議院議員

来賓からはこんな声も…

古屋圭司 衆議院議員:
「おそらく沿線の知事が集まったのは今回が初めてなのでは。そういう意味では非常に記念すべき一日。2023年までは、ややそうじゃなかった。前静岡県知事は私も一生懸命口説いて、期成同盟会に入ってもらった。

これは建設反対同盟会ではなく、建設促進同盟会なので。最終的に静岡県知事に鈴木知事が就任されたが、はっきり推進をされている。どうか沿線の各知事、これで一枚岩なので、推進をしていただくように心からお願い申し上げる」

おすすめの記事

おすすめの記事

アクセスランキング

アクセスランキング

ページトップへページトップへ