「大人のランドセル」って? 地元企業の商品や販路拡大を支援する物産展をOKBが企画 名古屋

くらし・生活 友だち追加

シックな色合いのカバン…軽くて丈夫なのが特徴で、「大人用のランドセル」として販売されています。手掛けたのは名古屋市内の老舗ランドセルメーカーです。地域の魅力を生かした商品の展示即売会が、松坂屋名古屋店で始まりました。企画したのは大垣共立銀行で、東海地方の隠れた逸品の認知度アップや、製造メーカーの販路拡大を支援することなどが狙いです。

今回は2回目の開催で、地元企業など11社が出店。普段使いができる和傘や、有松絞りのワンピースなど、約100種類の商品が販売されています。大垣共立銀行の担当者は「事業者に新たなファンを獲得してもらうことが、地域の発展につながる」と話していました。この催しは6月10日までです。

おすすめの記事

おすすめの記事

アクセスランキング

アクセスランキング

ページトップへページトップへ