あとを絶たない「ながら運転」死亡重傷事故は過去最多 減らない原因は「スマホ依存症」と専門家が指摘

事件・事故 社会 くらし・生活 友だち追加

テレビ愛知

2023年1年間に全国で発生した「ながら運転」による死亡重傷事故は122件と過去最多を記録しています。あとを絶たない「ながら運転」。なぜ減らないのか、自動車評論の国沢光宏さんに話を聞きました。

「ながら運転」厳罰化もあとを絶たず

2019年12月に改正道路交通法が施行され、厳罰化された

携帯電話を手に持ち、通話したり操作しながら車を運転する、いわゆる「ながら運転」は、2019年12月に改正道路交通法が施行され、厳罰化されました。

運転中に携帯電話を手に持って使用した場合の違反点数は1点から3点に。反則金は、例えば普通車の場合は、6000円から1万8000円に引き上げられるなど、厳罰化されています。しかし、ながら運転による死亡重傷事故はあとを絶ちません。「ながら運転」は、なぜ減らないのでしょうか?

「ながら運転」が減らない理由は「スマホ依存症」 専門家が指摘

スマホを触りながら運転

2023年、ネクスコ中日本が公開した高速道路の映像。交通規制をしているところに、トラックがスピードを落とさずに突っ込んできました。慌てて車線変更したり、規制材をなぎ倒したり、これらの原因の一つとして考えられているのが、携帯電話などを操作しながら運転する、いわゆる「ながら運転」です。

ながら運転は一般道でも。

記者:
「信号待ちで、スマートフォンを見ている男性がいますね。今、動きだしたんですが、まだスマホを操作しています。あちらの女性も片手で運転しながら、左手に持ったスマートフォンを見ています」

なぜ、こうした「ながら運転」が減らないのか、専門家に話を聞きました。

自動車評論家 国沢光宏さん:
「携帯電話の依存症によるものだと言われています。道歩きながらスマホを見ている人もいますよね。食事しながら見ている人もいるし。信号待ちでちょっと暇があると、携帯を見たくなってしまう。SNSをチェックしたくなってしまうと。そういう人たちが非常に増えたということです」

「ながら運転」減らす方策 専門家の見解は

全体の約7割がスマホ依存

民間の調査会社がスマートフォンを所有する15歳から59歳の男女559人を対象に行ったアンケートによると、スマホに「かなり依存している」、「やや依存している」と回答した人が、全体の約7割にのぼっています。

信号待ちなどで完全に停止し、スマホを操作するのは違反にはなりませんが、少しでも車を走らせると「ながら運転」に。

たとえわずかな時間でも、目を離すことには大きな危険が伴うと、専門家は警鐘を鳴らします。

国沢さん
「(車は時速)50キロで走っている時に、1秒で13メートルぐらい移動します。1秒目を離せば、もう13メートル先に行っているので、その間に人が出てきたり、前の車が割り込んできたら、確実にぶつかりますよね」

車は、時速40キロで走っていた場合、2秒で約22メートル。時速60キロでは約33メートルも進みます。この間に何か起きても、目を離していれば対処することができないのです。

おすすめの記事

おすすめの記事

アクセスランキング

アクセスランキング

ページトップへページトップへ