カット野菜の工場に潜入 岐阜県養老町「サラダコスモ」の驚きのカット技術 キャベツは0.2ミリ幅も可能

社会 くらし・生活 話題 企業 友だち追加

サラダコスモのカット技術に迫る

食卓の強い味方“カット野菜”。使い切りサイズで手軽とあり、市場規模は年々右肩上がりで伸びている。特に売れているのが、「サラダコスモ」が出している「ニラ野菜 炒め用ミックス」。年間1200万袋を販売し、「野菜ミックス部門」で売り上げ日本一を誇る(日経POSセレクション2023より)。国産野菜だけを使用し、洗う必要もなく、フライパンで炒めるだけで食卓に並ぶ一品に。

今回は、岐阜県養老町にある「サラダコスモ 養老生産センター」の驚くべきカット技術に迫る。

キャベツの千切りの“ふわシャキ食感”を生み出す秘密

約20トンのキャベツ

「サラダコスモ養老生産センター」では、人気の「ニラ野菜 炒め用ミックス」の他にキャベツの千切りの加工も手掛けている。毎日約20トンのキャベツを入庫。仮に1食分を100グラムとすると、20万食分も加工していることになる。

まずは手作業でキャベツを1個ずつマシンにセット。驚きのカット技術を撮影するため、特別にマシンの内部にカメラを設置させてもらった。

高速回転するドリルがキャベツの芯を一瞬で抜き取っている

マシンに吸い込まれたキャベツをスーパースロー映像で確認すると、高速回転するドリルがキャベツの芯を一瞬で抜き取っていることが分かる。芯の処理が終わると、今度は円盤型の刃で一刀両断! 養老の地下水で洗浄した後は、再び手作業でマシンにキャベツを隙間なく詰め込んでいく。

一瞬で切り刻まれ、キャベツの千切りの出来上がり!

すると一瞬で切り刻まれ、キャベツの千切りの出来上がり! 「サラダコスモ」では、キャベツを1ミリ幅にカットすることで、ふわふわシャキシャキの食感を実現している。ちなみに工場では、0.2ミリまでカットできるというから驚きだ。

華麗なニンジンのカット作業

ニンジンの両端をカット

続いて、「ニラ野菜 炒め用ミックス」にも入っているニンジンに注目。ニンジンの両端をカットしてマシンの台座に置くと、自動的に中へ吸い込まれていく。

ニンジンをカット方法

特別にマシンのカバーを開けてもらい、内部の3カ所にカメラを設置。普段見ることができないレア映像の撮影に成功した。マシン内部に入ったニンジンに突起のような物が刺さり、奥へ押し出されていくのが見える。

ニンジンを刺した突起物は回転し、そのまま“ゲート”を開くように進んでいくが、ゲートのように見えるものはじつはピーラー!

おすすめの記事

おすすめの記事

アクセスランキング

アクセスランキング

ページトップへページトップへ