生産翌日に牛乳が北海道から沖縄に届く 2024年問題背景に航空貨物サービスが変化 宅配便大手も充実

地域 くらし・生活 友だち追加

ヤマトホールディングスが、「貨物専用機」をJALと就航させた

2024年4月、新たに北海道・新千歳空港に就航した飛行機の機体には、宅配便大手のヤマトホールディングスのロゴが記されています。

「貨物専用機」をJALと就航させました。じつは、宅配便の98%がトラック輸送。大型トラック5台~6台分の荷物を運ぶことができる「貨物専用機」で輸送力を補いつつ、航空便の新たな価値をアピールします。

ヤマトホールディングス 栗栖 利蔵副社長

ヤマトホールディングス 副社長 栗栖 利蔵さん:
「一気に目的地に運べるというニーズ、高く感じていた新たにアプローチできていなかったBtoBのお客さまに、時間を価値として考えていただく」

貨物専用機は新千歳空港と成田、那覇、北九州を結びます。いずれも航空便のメリットを生かせる遠距離地域です。宅配便だけでなく、「ラピダス」が2027年にも量産を始める最先端半導体や、北海道の生鮮品を運ぶ計画もあります。

日本航空 小山 雄司 執行役員

日本経済新聞社 高尾 泰朗記者:
「ヤマトの貨物専用機には、札幌のドラッグストア・サツドラの商品も積まれていました。沖縄県内にある店舗への納品のリードタイムを短縮するための、試験的取り組みです。それぞれに利点がある輸送モード(手段)をうまく組み合わせていくことが、企業には求められています」

日本航空 執行役員 小山 雄司さん:
「(航空貨物の)今後の成長は、ポテンシャルがあります。今まで中心は国際貨物でした。加えて国内、地方から世界へ新しいニーズ需要に期待しています」

おすすめの記事

おすすめの記事

アクセスランキング

アクセスランキング

ページトップへページトップへ