藤井聡太八冠が“名人初防衛”に王手 豊島将之九段との戦い 愛知同郷対決は27日夜に決着見込み

社会 くらし・生活 友だち追加

瀬戸市出身の藤井聡太八冠に、一宮市出身の豊島将之九段が挑む将棋の名人戦。藤井八冠の初防衛がかかる第5局の2日目が5月27日、北海道紋別市で行われています。

愛知対決となった名人戦七番勝負。ここまで、藤井八冠が3勝1敗と名人初防衛に王手をかけています。一方、豊島九段は連勝して、5期ぶりの名人返り咲きに望みをつなぎたいところです。

北海道紋別市で5月26日から行われている第5局は午前9時、藤井八冠の封じ手から再開され、ほぼ互角の戦いが続いています。勝敗は27日の夜に決まる見通しです。

おすすめの記事

おすすめの記事

アクセスランキング

アクセスランキング

ページトップへページトップへ