「JR東海はもう少し真摯に関係者に向き合ったほうが良い」 静岡県・鈴木新知事が語る“JR東海の印象”

政治 社会 くらし・生活 友だち追加

注目の静岡県知事選挙で、当選した鈴木康友さんはどんな人なのでしょうか?

鈴木さんは、静岡県出身の66歳。2000年の衆議院議員選挙で初当選し、2007年からは浜松市長として4期16年、市政を担いました。そして気になるリニア中央新幹線については選挙中、「課題を解決して前に進める」と話していました。当選を果たした今、その言葉通りに実行していくのか、聞きました。

石井俊大アナウンサー:
「鈴木新知事のリニアに対する考え方を教えてください」

鈴木康友 静岡県新知事:
「考え方としては水の問題とかアルプスの生態系の問題とか、環境保全の問題。こうした問題をちゃんときちっとクリアした形でリニアを推進していくということには変わらない」

リニアの静岡工区着工をめぐっては、トンネル内の湧き水による大井川の流量減少が課題となっています。JR東海はこの対策として水力発電に利用されている田代ダムの取水制限によって大井川の水量を維持する計画を提示していました。

鈴木康友 静岡県新知事:
「これは現実的な解の1つだとは思いますけれども、まだ流域市町の皆さんの了解が得られていないので、そこはこれから詰めていく必要がある。JR東海は、期限を決めずに中下流域に工事で影響が出れば、責任を取るということは公式に発表されている」

水資源をめぐる問題は、5月に入って大きな動きがありました。今月13日に静岡県の専門部会で地質や湧き水の量を調査するためのボーリング調査が容認されました。川勝前知事の在任中は水の流出を懸念して「待った」をかけていましたが…

鈴木康友 静岡県新知事:
「私は調査はすべきだと思う。調査しないということは先に進みませんから。私は調査についてはまだ何もヒアリングを受けていませんので県庁に行って、ヒアリングを受けなければなりませんけど、基本的には調査はすべきだと思っています」

おすすめの記事

おすすめの記事

アクセスランキング

アクセスランキング

ページトップへページトップへ