大泉洋さん主演映画 モデルとなった女の子の母校で試写会 「ディア・ファミリー」6月14日全国公開

くらし・生活 エンタメ 友だち追加

心臓病を患う娘の命を救うために、人工心臓の開発に挑んだ家族の実話をもとにした映画「ディア・ファミリー」。5月24日、試写会がモデルとなった家族の母校で開かれました。

「ディア・ファミリー」は、大泉洋さん演じる愛知県の町工場の経営者が、心臓病で余命10年と宣告された次女のために人工心臓の開発に挑む姿が描かれています。

試写会は、モデルとなった家族の三姉妹らが実際に通った金城学院中学校で開かれ、三女を演じた俳優・新井美羽さんのほか、三姉妹の長女の筒井奈美さんと三女の藤井寿美さんが登壇しました。

俳優・新井美羽さん:
「現実味がないというか、本当にこんなお話が、こんな家族がいたんだと驚いた。実際に演じてみたり、本人を見て、たくましくてかっこよくて勇敢な家族だなと思いました」

映画を鑑賞した生徒:
「自分の学校がモデルということで、すごく身近に感じました。1日1日を大切に生きていこうと思いました」

映画「ディア・ファミリー」は、6月14日、全国公開です。

おすすめの記事

おすすめの記事

アクセスランキング

アクセスランキング

ページトップへページトップへ