キャベツの価格が乱高下、200円下がる 関東地方の出荷量は回復傾向に ブロッコリーは50円上がる

地域 くらし・生活 友だち追加

名古屋市中区・大須にある生鮮食品館「サノヤ」の担当者に、野菜の価格について話を聞きました。

キャベツ

●キャベツ 1個
店頭価格323円(仕入れ価格 前週比-200円)

生鮮食品館 サノヤ 浜四津 佳さん:
「春先から関東地方の天候不順の影響で、キャベツの価格が高騰しています。中部地方では豊作でしたが、関東地方に出荷したため品薄状態に。仕入れ価格が上がっていました。しかし最近は関東地方の出荷量が増えてきたので、愛知県産のキャベツも価格が下がりました」

――今後は徐々に値下がりしますか。

「極端な天候不順がなければ、価格は安定していくと思います」

ブロッコリー

●ブロッコリー 1個
店頭価格378円(仕入れ価格 前週比+50円)

サノヤ 浜四津さん:
「例年の1.5倍から2倍の価格ですね。今は産地リレーの切り替わりの時季なので、通常価格が高騰します。しかし、2024年は次の産地となる長野県産の出荷がやや遅れているため物量が減り、例年よりも仕入れ価格が上がりました。長野県産のブロッコリーが入荷するころには、値下がりすると思います」

おすすめの記事

おすすめの記事

アクセスランキング

アクセスランキング

ページトップへページトップへ