タイフェスティバルにコスプレイベント 名古屋・栄は多くの人でにぎわう

経済 地域 くらし・生活 話題 友だち追加

テレビ愛知

タイの国技と言われる球技、セパタクローにタイの民族舞踊。中区の久屋大通公園ではタイフェスティバルが開かれました。

17回目の開催となったタイフェスティバル。会場には約50店舗の屋台ブースが並び、タイの焼きそば、パッタイなどタイ料理のブースには長い行列ができていました。また、エキゾチックなデザインの雑貨や服、タイ式マッサージのブースもあり、訪れた人たちはタイの文化を満喫していました。

一方、若宮広場など栄周辺では屋外でコスプレが楽しめるイベントも開かれ、愛好家約5000人が参加しました。コスプレイヤーたちは、ステージでダンスを披露したり、カメラに向かってポーズを決めたりして、人気キャラクターになりきっていました。

また、大須商店街などをコスプレしたまま散策することも可能で、街歩きを楽しむコスプレイヤーの姿も多くみられました。

おすすめの記事

おすすめの記事

アクセスランキング

アクセスランキング

ページトップへページトップへ