7年ぶりに「菜の花迷路」が復活 菜の花が咲き乱れる「渥美半島菜の花まつり」

地域 くらし・生活 エンタメ 友だち追加

愛知県田原市の伊良湖菜の花ガーデンで行われている、「渥美半島菜の花まつり」をご紹介します。約4ヘクタールの敷地内には、120万本の菜の花が咲き誇っています。

菜の花と海のコントラストが美しい菜の花畑

菜の花

上釜美憂アナウンサー:
「見渡す限りの菜の花に、見ているだけで幸せな気持ちになります」

2024年は「のっちの山」という新スポットが登場。小高い丘になっていて、頂上からは広大な菜の花畑が一望できます。

上釜アナ:
「菜の花とともに太平洋を眺められる絶好のロケーションです。菜の花と海がとても綺麗なコントラストになっています」

伊良湖菜の花ガーデンの中には菜の花で迷路が作られている場所があります。

上釜アナ:
「迷路の中に入ると、右も左も満開の菜の花。とても美しいです」

「渥美半島菜の花まつり」の見どころについて、渥美半島観光ビューロー・主任の岡田美奈さんに話を聞きました。

渥美半島観光ビューロー 主任 岡田美奈さん:
「2024年に新登場の『のっちの山』はもちろんですが、菜の花迷路も見どころです。新型コロナや人手不足の影響で、7年ぶりに再登場しました」

上から見ると「なの花」の文字が

上釜アナ:
「長年、心待ちにしていた方も多いかと思います。『菜の花迷路』の楽しみ方について教えてください」

岡田さん:
「実はこの迷路、上から見ていただくと『なの花』という文字になっています。そちらも見どころの1つです」

「渥美半島菜の花まつり」は3月31日(日)まで行われています。

おすすめの記事

おすすめの記事

アクセスランキング

アクセスランキング

ページトップへページトップへ