基準値超のアルコール検出も「なんで事故が起きたかわからない」愛知県警が自称会社役員を逮捕

事件・事故 地域 友だち追加

大村容疑者が運転していた車

酒気帯び運転で事故を起こして男性にけがを負わせたとして、愛知県警は自称会社役員の男を逮捕・送検しました。

危険運転致傷などの疑いで、送検されたのは、名古屋市瑞穂区の自称会社役員・大村寿男容疑者(53)です。

警察によりますと、大村容疑者は1月31日午後10時半ごろ、酒気を帯びた状態で車を運転し、名古屋市名東区の交差点に赤信号を無視して侵入。ワゴン車など車2台に衝突し、停止しました。この事故で、ワゴン車を運転していた40歳代男性がわき腹打撲の軽傷を負いました。

事故後の飲酒検知で、大村容疑者からは基準値を超えるアルコール分が検出されました。

調べに対し、大村容疑者は酒を飲んだことを否認していて、「事故が起こったのは事実だが、何でこんなことになったのかわからない」と話しています。

警察は事故の原因などについて詳しく調べています。

おすすめの記事

おすすめの記事

アクセスランキング

アクセスランキング

ページトップへページトップへ