真冬の早朝に半袖半ズボン! 「よいしょ!」大声で学区内を駆け回る伝統行事「暁天かけ足」に密着 岡崎市

地域 くらし・生活 エンタメ 友だち追加

校庭のキャンプファイヤー

キャンプファイヤーを囲んでのフォークダンスからスタートする「暁天かけ足」。みんなで校歌を歌い、「よいしょー!」と大きな声で伝統の「天突き体操」を行ったらいざ出発です。

夜明け前の寝静まった街に響く「よいしょ」のかけ声。コースの折り返しにさしかかったところで突然雨が降り始めてしまいますが、それでも子どもたちは「よいしょ」と雨を吹き飛ばす勢いのかけ声で、元気よく走っていきます。

【動画を見る】岡崎市立城北中学校の伝統行事「暁天かけ足」に密着 岡崎市

中学3年生は龍城神社で合格祈願

合格祈願する生徒

コース途中にある岡崎公園で点呼をすませると、中学3年生は公園の奥へ移動。岡崎城の隣にある龍城神社で合格祈願を行います。

事前に地元住民に周知されていることもあり、心配された苦情は1件のみだったとのこと。一見、時代錯誤にも感じられるような伝統行事ですが、地元住民の支えと理解、そして何より子どもたちが積極的に楽しく参加している姿があるからこそ、令和の今も受け継がれています。

思い出に残る豚汁

午前6時半、いっそう大きなかけ声とともに、無事「暁天かけ足」が終わりました! 冷えた体に染み渡る豚汁の味は、最初で最後の「声出し暁天かけ足」を終えた3年生たちにとって一生の思い出になったことでしょう。


(2月3日 18:30~放送 テレビ愛知「千原ジュニアの愛知あたりまえワールド☆~あなたの街に新仰天!~」より)

おすすめの記事

おすすめの記事

アクセスランキング

アクセスランキング

ページトップへページトップへ