“頂き女子りりちゃん”を自称した女 所得税約4000万円を脱税したとして起訴される 

事件・事故 社会 地域 友だち追加

テレビ愛知

SNS上で“頂き女子”を自称し、男性に恋愛感情を抱かせて現金をだまし取った罪などに問われている25歳の被告の女が、所得税およそ4000万円を脱税したとして、1日、名古屋地検に起訴されました。

所得税法違反の罪で起訴されたのは頂き女子りりちゃんこと、住居不定・無職の渡辺真衣被告(25)です。

名古屋地検によりますと、渡辺被告は2022年までの2年間で、だまし取って得た約1億1000万円の所得を申告せず、所得税約4000万円を脱税した罪に問われています。渡辺被告は1月19日に名古屋国税局から刑事告発されていました。

名古屋地検は渡辺被告の認否を明らかにしていません。

渡辺被告は恋愛感情を利用して男性から合わせて1億5000万円以上をだまし取った詐欺の罪などでも既に起訴されていて、現在、名古屋地裁で裁判が行われています。

おすすめの記事

おすすめの記事

アクセスランキング

アクセスランキング

ページトップへページトップへ