【中日】中田翔 Gグラブ5回獲得の守備を披露もチームメートからツッコミ 春季キャンプ初日

地域 野球 くらし・生活 友だち追加

中田翔選手

プロ野球の各チームが2月1日、春季キャンプをスタートさせました。中日ドラゴンズのキャンプ初日の様子を石井俊大アナウンサーが取材しました。

2024年もドラゴンズの1軍は北谷町(ちゃたんちょう)の「アグレスタジアム北谷」を、2軍は読谷村(よみたんそん)の「オキハム読谷平和の森球場」をそれぞれキャンプ地とします。

【沖縄キャンプ】中日ドラゴンズ 初日 新加入・中田翔 インタビュー動画

「打線の大幅強化」

昨シーズンは56勝82敗5分けの借金26

2011年以来、13年ぶりの優勝に向けてついに本格始動した中日ドラゴンズ。昨シーズンは56勝82敗5分けの借金26で、球団史上初の2年連続最下位に終わりました。雪辱を果たすべく、勝負の3年目を迎えた立浪監督が着手したのが「打線の大幅強化」です。

立浪和義監督

立浪監督:
「いろいろ楽しみにしながら。新加入の中田」

中田翔選手

立浪監督が真っ先に名前を挙げたのが、今シーズン新たに獲得した右の強打者・中田翔。通算303本塁打、1062打点を挙げた大砲は、2023年、さらなる出場機会を求めてジャイアンツを退団。そんな中田の思いと2023年のチーム総得点が390点と得点力不足に悩んだドラゴンズの思惑が一致し、加入に至りました。

華麗なグラブさばきを披露

初日の中田、守備練習で魅せます。ゴールデングラブ5回獲得の守備の名手が、華麗なハンドリングを披露。しかし「翔さん、翔さん!」と、さっそくチームメートから突っ込まれる場面も。

打撃練習

また、午後に行われた打撃練習では、スタンドに集まった観客から拍手を受けてバッティングゲージへ。ボールの感触を確かめるように、丁寧にバットを振りました。

「最終的に優勝」と語る中田選手

練習後に中田は「最終的に優勝、日本一。そこを目指して一生懸命やっていくのと、個人的にもレギュラーを取るという意味では自信しかないので、一から頑張っていきたい」と意気込みを語りました。

中田の加入がチームにどんな影響をもたらすのか。そして中田の活躍でチームは勝利をもぎ取ることができるのか。期待が高まります!

おすすめの記事

おすすめの記事

アクセスランキング

アクセスランキング

ページトップへページトップへ