もしもトランプ氏が大統領に…「もしトラ」望むプーチン大統領 「思惑はマトリョーシカに」中村逸郎教授

政治 話題 ワールド 友だち追加

2024年11月に投票が行われるアメリカ大統領選挙。共和党の予備選挙で、2連勝したトランプ氏をめぐって、今、日本のメディアで使われ始めたある言葉が「もしトラ」です。

「もしトラ」とは、「もしもトランプ氏が大統領に返り咲いたら」を略した言葉。その「もしトラ」の世界を望むのがプーチン大統領だといいます。ロシア政治の専門家、筑波大学の中村逸郎名誉教授に話を聞きました。

プーチン大統領は2024年3月の大統領選に出馬

ロシアによるウクライナへの軍事侵攻

ロシアによるウクライナへの軍事侵攻で被害が拡大する中、ロシアのプーチン大統領は2024年3月、大統領選に出馬します。筑波大学の名誉教授・中村逸郎は「プーチン大統領の再選は確実であろう」と話します。

「再選は確実」と話す中村名誉教授

中村逸郎名誉教授:
「(再選で)最大これから12年に及ぶ大統領のポストにとどまることになると考えられます。延べ36年間、ロシアの最高権力者の座にいます」

ロシア国民にとって、プーチン大統領の存在は国をも超えているといいます。その思いは、ロシアの民芸品マトリョーシカに隠されていました。

マトリョーシカ

中村名誉教授
「プーチンのマトリョーシカ、ロシア語でプーチン。ロシアの国章が描かれています。中を開けると、またプーチン大統領が出てきます」

ソチ五輪のプーチン大統領

「2014年のソチオリンピックのときのプーチンが現れてくるのです。次を開けると、KGBのスパイとしてのプーチンが。その後、またプーチンの水兵になった姿が現れてきます。どんどん開けていくとプーチン、プーチン、プーチン」

小さくつくられたロシア

最後はロシア

「そして最後に出てくるのがプーチンのいないロシアです。プーチンの大きさに対して、ロシアはこんなに小さくなってしまった。ロシア国民にとって、あまりにもプーチンの存在が大きくなりすぎて、ロシアという国が小さくなってしまったのです」

モスクワ市内の様子

ロシアは2023年6月に始まったウクライナ軍による反転攻勢をしのぎ、さらなるウクライナへの侵略を目指そうとしています。しかし、ロシア国内に目を向けると、ある変化も。画像はクリスマスを迎えたモスクワ市内の様子です。街に人の姿はほとんど見られません。10年前と比べると、活気が失われています。

おすすめの記事

おすすめの記事

アクセスランキング

アクセスランキング

ページトップへページトップへ