卵は1パック182円、供給過多傾向で価格は安定 豚バラ肉の仕入れ値は3円下がる 今後価格は据え置きか

地域 くらし・生活 友だち追加

名古屋市中区・大須の生鮮食品館「サノヤ」の担当者に、卵と肉の価格について話を聞きました。

●卵 M1パック
店頭価格182円(仕入れ価格 前週比±0円)

――卵の供給は安定しているそうですね。

サノヤ担当者:
「だいぶ豊富に商品ができていて、供給過多がいまだに続いています」

――2023年に比べて50円程度下がっているとのこと。例年通りの水準まであと少しですね。

サノヤ担当者:
「お客さまの買い控えがあったり、メーカーが卵を使わないメニューが増えたりしたことが影響していると思います」

――鳥インフルエンザの影響が心配ですが、どうなりそうでしょうか。

サノヤ担当者:
「心配だと思いますが、私の考えでは大丈夫かと思います。しばらくはこの価格が続くのではないかと感じます」

豚バラ

●豚バラ 100グラム
店頭価格208円(仕入れ価格 前週比-3円)

サノヤ担当者:
「鍋の需要は続いていますが、豚肉が豊富に出ているので価格が下がりました。今後もこの価格は続きそうです」

――ほかの肉の価格についてはいかがでしょうか。

サノヤ担当者:
「牛肉は高値で安定していますが、鶏肉は価格が下がり気味にあります。現在の肉はお買い得かと思います」

(1月30日17:00~放送 テレビ愛知「5時スタ」より)

取材協力【生鮮食品館 サノヤ】
住所:名古屋市中区大須3丁目33-6
電話番号:052-241-0486
営業時間:9:30~21:00
(水曜、土曜 9:00~21:00)

おすすめの記事

おすすめの記事

アクセスランキング

アクセスランキング

ページトップへページトップへ