豊田市長選挙が告示 元県議の新人と4選目指す現職が一騎打ち 愛知

政治 地域 友だち追加

任期満了に伴う豊田市長選挙が28日告示され、現職と新人による一騎打ちの選挙戦がスタートしました。

立候補したのは、いずれも無所属で、元自民党県議の新人・鈴木雅博さん(44)、現職でトヨタ労組などが推薦する太田稔彦さん(69)の2人です。過去の選挙では労働組合と自民党支持層が同じ候補を応援してきましたが、今回はそれぞれ別の候補を支持する形となりました。

鈴木雅博さん:
「今までと同じことをやっているだけでは、今までのような成長や発展はもちろん、私たちの生活や産業、豊田の未来を守ることはできません」

太田稔彦さん:
「元気で明るい将来が待っていると思ってもらえるようなまちづくりを、皆さんと共にいま一度ぜひやらせてください」

現職の市政運営に対する評価などが争点となります。豊田市長選挙は2月4日投票、即日開票されます。

おすすめの記事

おすすめの記事

アクセスランキング

アクセスランキング

ページトップへページトップへ