大同特殊鋼の巨大工場へ潜入 暮らしに欠かせない特殊鋼づくりを支える、2人の社員に密着!

経済 社会 地域 スポーツ総合 くらし・生活 エンタメ コラム・特集 話題 企業 友だち追加

大同特殊鋼で行われている灼熱の特殊鋼づくり

国内外に70社以上のグループ会社を持ち、総勢1万2000人以上が働く大同特殊鋼。特殊鋼の専業メーカーとしては世界最大級の企業です。日常生活からクルマづくりといった産業まで、私たちの暮らしに欠かせない特殊鋼づくりの現場には、プロフェッショナルな人の姿がありました。知多工場と星崎工場でそれぞれ輝く、大同特殊鋼の2人の社員に密着します。

【動画】衝撃!鉄をドロドロに 大同特殊鋼のわが社の星 

鉄スクラップを再利用! 生活に欠かせない特殊鋼とは

鉄スクラップの再利用から始まる特殊鋼づくり

大同特殊鋼の知多工場で見つけたのは山のような鉄スクラップ。実はこの鉄スクラップから特殊鋼は作られるのです。特殊鋼とは、鉄と様々な金属などをかけ合わせて作られる、特別な性質をもった鋼のこと。一見、聞き慣れない特殊鋼ですが、実は生活のいたるところで使われているのをご存知でしょうか?

生活に身近なステンレスも特殊鋼

普段、家庭で使っている包丁やスプーンに使われているステンレスもサビに強いという性質をもった特殊鋼です。それ以外にも、車のエンジンには熱に強い特殊鋼や、バネの機構にはしなやかさをもった特殊鋼が使われています。特殊鋼にはいろいろな種類があり、純粋な鉄でまかなうことが難しい場所に使われているのです。大同特殊鋼の知多工場は、そんな特殊鋼の生産能力が年間180万トンという愛知県が世界に誇る巨大工場となっています。

1人目は灼熱の現場を支える川崎さん

特殊鋼づくりの大事な現場を見守る、心強い川崎さん

それでは本題へ。1人目は入社23年目の川崎昌二さん。川崎さんが行っているのは、先ほど見た大量のスクラップをドロドロに溶かしていく工程なのですが、それは想像を絶する灼熱の作業。鉄スクラップを入れる溶解炉へ、川崎さんが近づいてチェックします。OKの合図を出すと、まるでSF映画の宇宙船のような巨大な釜がゆっくりとやってきました。

巨大な釜に入れられた鉄スクラップは溶解炉の中へ

釜の中に入っているのは重量150トンにもなる鉄スクラップ。釜から溶解炉に入れられた鉄スクラップは、鳴り響く人口の雷とともに、1600度を超える温度でドロドロに溶かされていきます。その後の溶けた鋼を取り出す工程にも川崎さんの作業が欠かせません。川崎さんは、灼熱の現場を支える重要な役割を担っているのですね!

おすすめの記事

おすすめの記事

アクセスランキング

アクセスランキング

ページトップへページトップへ