航空自衛隊の花形「ブルーインパルス」 航空祭で超絶美技 14万人熱狂の裏に“天気・地形”との戦い

社会 コラム・特集 友だち追加

ブルーインパルス

航空自衛隊の花形「ブルーインパルス」。アクロバット飛行の専門チームで、一糸乱れぬ華麗な動きは観る者を魅了する。そんなブルーインパルスが、5年ぶりに岐阜基地の「航空祭」へ。舞台裏を取材すると、超絶美技の裏に知られざる“戦い”があった。

【動画】自衛隊密着24時!大人気「航空祭」の舞台裏!

航空祭の会場ごとに異なる“地形”

加藤拓也さん

航空祭2日前、宮城県・松島基地に拠点を置くブルーインパルスが岐阜基地にやってきた。アクロバット飛行をするのは1番機から6番機。彼らは“ドルフィンライダー”と呼ばれ任期は3年だ。このうち6番機のパイロット加藤拓也さんは、地元・岐阜県の出身。航空学生から戦闘機のパイロットになり、1年前、憧れのブルーインパルスのメンバーに抜擢された。

「岐阜県加茂郡川辺町でずっと育ちました。ここでの展示飛行は初めてなんです」(加藤さん)

基地の北には山が

人生初となる地元・岐阜での凱旋飛行。だが、気がかりなことが。

「注意するのは山ですかね。山にあたらないように」(加藤さん)

航空祭の会場は基地によって地形が異なる。岐阜基地は南東に名古屋空港があり空域に制約がある。さらに基地の北には標高300m級の山が東西に走り、南から低空で侵入する場合は注意が必要なのだ。

わずかなずれも許さないブルーインパルスの誇り

そんな慣れない地形が影響したのか、本番前のテスト飛行でミスが出た。6番機と5番機のデュエット「コークスクリュー」。一見、成功したように見えたのだが、戻ってきた加藤さんの表情は曇っていた。

「5番機とシンクロしなければならない所で、出来ていない軌道があった。あす改善したいと思います」(加藤さん)

2つの機体が平行になるタイミングでわずかなズレが。素人目にはわからない小さな乱れも許さない、それがブルーインパルスの誇りなのだ。

“分厚い雲”の下 制約の中でも“超絶美技”

航空祭当日は分厚い雲が

航空祭当日。5年ぶりのブルーインパルスを観ようと詰めかけたファンは何と13万8000人。この日は前日の快晴から一転、分厚い雲に覆われた。

「上空に雲があると演技のスペースが少なくなるんです。出来る課目と出来ない課目が出てきます」(川島良介編隊長)

雲に機体が隠れてしまうため、大空一杯を使った演技はできない。雲の下という制約の中で観客を満足させられるのか、演技が始まった。

関連ニュース

おすすめの記事

おすすめの記事

アクセスランキング

アクセスランキング

ページトップへページトップへ