【守山区】老舗の名物「醤油カツ丼」 100回以上の試作を経て完成 乃木坂46・佐藤楓の音集め旅

地域 くらし・生活 エンタメ 友だち追加

老舗の名物メニュー

ふと耳を傾けると、そこにはその町でしか聞くことのできない音色がある。愛知県出身、乃木坂46の佐藤楓が、その町でしか聞く事のできない「オンリー1の音色」をキーワードに音集めの旅に出かけます。

【動画はコチラ】乃木坂46・佐藤楓が名古屋市守山区を巡るオンリー1の音色集め旅「音色遺産」

乃木坂46・佐藤楓

今回訪れたのは、名古屋市北東部に位置する守山区。東谷山をはじめ、矢田川や小幡緑地など豊かな水と緑に恵まれた街で音集めです。

日本初のスーパー銭湯に響く「開店準備」の音色

竜泉寺の湯

守山区民の憩いの場となっている「竜泉寺の湯」。“スーパー銭湯”の先駆けとして知られる温浴施設です。

「竜泉寺の湯」の開店準備は、まだ夜も深い午前3時から。浴槽のお湯を抜き、スタッフ総出でデッキブラシを使ってゴシゴシと丁寧に磨きます。

シャワーブースはもちろん、鏡や椅子も1つずつ洗浄。午前3時から6時まで3時間しかない閉館時間に、手際よく準備を進めます。浴槽にお湯をはればおもてなし準備の完了。お風呂でのリラックスタイムを求めて、今日も多くのお客さんが早朝から訪れます。

地元とともに発展してきた守山区民の記念日を彩る「花束作り」の音色

花京の花束作り

「花京」は守山区で30年続く街の生花店。地元の人が記念日に贈る花はもちろん、近隣の高校などからも注文を受ける、地域とともに発展してきたお店です。

店長の小川さつきさんが作っているのは、秋をテーマとした花束。コスモス、フジバカマ、ローズベリーパフェといった秋を彩る花を素早く束ね、紫色の包装紙で包むと美しい秋の花束が出来上がります。小川さんの素敵な笑顔に、贈り手の気持ちも後押しされます。

老舗食事処の名物メニュー「醤油カツ丼」の音色

醤油カツ丼

創業67年を誇る食事処「わだ泉」は、長きにわたり守山区民に親しまれてきました。数あるメニューの中でもイチ押しなのが、名物「醤油カツ丼」です。

醤油カツ丼のお茶漬け

構想1年、100回以上もの試作を経て7年前に商品化した「醤油カツ丼」。ミルフィーユ状に肉を重ねることで、柔らかい食感のカツが仕上がります。

衣を付けるための下地となるバッター液をまとわせたあと、パン粉をまぶしてフライヤーに投入。アツアツのうちに特製の醤油ダレにくぐらせて丼に盛り付ければ、醤油カツ丼の完成です。かつおだしをかけて楽しむお茶漬けもおすすめの一品。

おすすめの記事

おすすめの記事

アクセスランキング

アクセスランキング

ページトップへページトップへ