長久手市の佐藤新市長が初登庁 愛知県で初の女性首長「男女問わず意欲がある人が活躍できる社会に」

社会 地域 友だち追加

愛知県内の自治体で初めて女性のトップとなった長久手市の佐藤有美新市長が19日に初登庁し、「男女問わず意欲がある人が活躍できる社会にしたい」と抱負を述べました。

19日、午前8時半前。トレードマークのピンクのジャケットを羽織って長久手市役所に初登庁した佐藤有美新市長。集まった市の職員や市議ら約100人に拍手で出迎えられ、花束を受け取りました。

その後、午前9時半からは記者会見に臨みました。

長久手市 佐藤有美新市長:
「全国の市で女性の市長がいるのは約4%。私がこれから市長として仕事をしていくことで男性女性問わず意欲がある人が活躍できる社会にしていきたい」

市長としてまず取り組むこととしては「18歳までの医療費無償化」をあげ、子育て支援に意欲を示しました。

おすすめの記事

おすすめの記事

アクセスランキング

アクセスランキング

ページトップへページトップへ