千原ジュニアもビックリの「伝説の生物」 国の天然記念物、捕獲に成功  瀬戸市の山奥へ決死の潜入調査

エンタメ 友だち追加

千原ジュニア

テレビ愛知で毎週土曜夜6時30分放送の「千原ジュニアの愛知あたりまえワールド」。9月9日(土)の放送では、瀬戸市の山奥で「伝説の生物」を大発見。その圧倒的な姿に千原ジュニアも思わず驚愕。

伝説の生物!?

愛知ナンバーワンの仰天タウンを決定する「愛知市区町村グランプリ」に、将棋の藤井聡太七冠の故郷としても知られる瀬戸市がエントリー。瀬戸市民の間でウワサされている「伝説の生物」を探し出すため、山の奥へ決死の潜入調査に挑みました。

全長1メートル以上の個体もいるという「伝説の生物」は、国の天然記念物にも指定されているという超貴重な生物。日頃はあまり姿をみせないものの、街の人たちは「必ずいる」と自信を持って答えます。

取材を続ける中で出会ったのが、70年以上前に「伝説の生物」を見つけたという91歳のおばあちゃん。まさに伝説の生物についての「生き字引」的なおばあちゃんから得た情報をたよりに、その生物が住むという川を最上流を目指して進みます。

千原ジュニア

市役所の特別の許可を得て行った夜間の大捜索。生息地と思われる場所に水中カメラを入れると「伝説の生物」の手らしきものを発見!!さらに、街の人たちの協力を得て貴重な生物の捕獲に成功。目の当たりにした「伝説の生物」の正体に、千原ジュニアも驚く。

大久保佳代子

「愛知市区町村グランプリ」にはこの他にも個性あふれるタウンが次々と登場。番組2度目の登場となる扶桑町では、街に大きな貢献をしているという謎の「マッスル隊」に密着。大久保佳代子も驚いた筋骨隆々のマッスル隊長の正体とは。

須田亜香里(左)、千原ジュニア

さらに名古屋市中川区からは「幻の一杯」だらけの中華料理店がエントリー。炎天下にも関わらず長蛇の列が出来るそのお店では「一度逃したら2度と食べられない」という幻のラーメンがあたりまえ。

飽くなき探究心があふれた大将が作る常識外のラーメンには、須田亜香里も思わず悩ましげな表情に。

ごちそうバトル

恒例の「尾張 vs 三河ごちそうバトル」は、残暑を乗り切るローカルフード対決。三河からは豊田市の山間に広がる豊かな自然が育んだ自然薯を使った昔ながらのスタミナ飯「自然薯料理」がエントリー。

一方の尾張からは、夏にフーフーしながら食べたい春日井市のソウルフード「ハオユー麺」が勝負に挑みます。春日井市民たちから絶大な支持を集める町中華です。果たして勝利の栄冠をつかむのはどちらに。

この模様は、9月9日(土)夜6時30分から放送のテレビ愛知「千原ジュニアの愛知あたりまえワールド」で。LocipoとYouTubeで見逃し配信も。

おすすめの記事

おすすめの記事

アクセスランキング

アクセスランキング

ページトップへページトップへ