夏に需要が減る「卵」Mサイズ1パックが値下がり 需要が高くなる「豚肉」は値上がり

経済 地域 くらし・生活 友だち追加

名古屋市中区大須にある「生鮮食品館サノヤ」の担当者に、卵と豚肉の価格について話を聞きました。

●卵 M1パック
店頭価格268円(仕入れ価格 前週比 -6円)

――前週と比べて6円値下がりしていますね。

サノヤ担当者:
「卵はだいぶ豊富にできていますが、少し需要が減っているのはあります。そこで少し価格が下がったのですね」

――夏場になると、卵の需要は減るのですか。

サノヤ担当者:
「フライパンを使わない料理が増えると思うので、少し需要は減ってしまいます」

――鳥インフルエンザが収束して生産量は上がっているとはいえ、一気に価格が下がることはないんですね。

サノヤ担当者:
「原材料や物流費、エネルギーコストが高いままなので、こういった価格になっています」

豚バラ

●豚バラ 100グラム
店頭価格208円(仕入れ価格 前週比 +9円)

サノヤ担当者:
「夏場は頭数が減ってしまうので、全体的に値上げしました。バラ肉だけは少し価格が下がっていましたが、バーベキューのシーズンになることもあって、需要も高くなり、値上がりしました」


取材協力【生鮮食品館 サノヤ】
住所:名古屋市中区大須3丁目33-6
電話番号:052-241-0486
営業時間:9:30~21:00
(水曜、土曜 9:00~21:00)

おすすめの記事

おすすめの記事

アクセスランキング

アクセスランキング

ページトップへページトップへ