「しっとり」や「サラサラ」の感覚が分かる最新触覚センサーに熱視線 家電メーカーも注目

経済 テクノロジー 話題 企業 友だち追加

「しっとり」や「サラサラ」などの手触り。その手触りの感覚を人と同じように感じ取ってデータ化できる触覚センサーが開発され、注目を集めています。

手触り感を見える化

ふんわりしたタオルや、金属のつるっとした表面を何かの装置でなぞっています。実はこれ、人間が物に触れ感じる「手触り感」を見える化する研究です。

化粧水を塗った前後の肌の表面を比較

グラフの黄色の波形が肌の表面の形状、赤色が摩擦の力を表しています。化粧水を塗って肌触りが変わると、どうなるのでしょうか。

アナウンサー:
「しっとりして、肌に浸透していく感じがしますね」

この「しっとり」という感覚のグラフを見ると、摩擦力の波形が滑らかに。指先に対する刺激が減少していたのです。なぜそんなことができるのか、装置の先端に秘密が隠されていました。

0.5ミリ間隔の先端の突起部分が「人の指紋」を再現

香川大学創造工学部 高尾英邦 教授:
「人間の指先を模倣して作った半導体のセンサーになります」

0.5ミリ間隔の先端の突起部分が人の指紋を再現。ものをなぞると、この「指紋」に伝わった刺激が内部のバネに伝わって数値化される仕組みです。

スキンケア、衛生用品大手などと共同研究が進む

高尾教授:
「指が感じとっている空間の細かさというのは、実は今までのセンサーでは取れない領域なんですね。今までと全く発想を変えました。私たちの指先がやっていることと同じようなことを、このセンサーで実現しようと」

世界初といわれるこの技術に企業も注目。スキンケア、衛生用品大手などと共同研究が進んでいます。

「髪の手触り感」を研究

「パナソニック 草津拠点」では家電商品の開発にも使われていました。製造拠点の一室で行われていたのは、髪の手触り感の研究です。髪の毛1本を、触覚センサーで計測していました。グラフには髪の表面の形状と、触れたときに生じる摩擦の力のデータ。それをもとに髪の手触り感を研究しています。

ドライヤーの開発に活用

この部門が手掛けているのが、国内トップシェアのドライヤー。髪質の研究を重ね、商品を開発してきました。しかし、「しっとり」「さらさら」などの手触りの評価は、人の感覚頼みでした。そんな中、いま力を入れるのが髪の手触り感の研究です。人の感覚を裏付けるデータで顧客の潜在ニーズに迫ります。

おすすめの記事

おすすめの記事

アクセスランキング

アクセスランキング

ページトップへページトップへ