「今、サッカーをやれることは当たり前じゃない」愛知の中学生がポーランドでサッカーを通じウクライナ支援

コラム・特集 友だち追加

3月13日、愛知県蒲郡市役所を訪れたのは、市内のサッカーチームに所属する中学生たちです。彼らは3月27日に、ポーランドにサッカー遠征に行くため、出発を前に市長の元にあいさつに訪れました。

サッカー遠征の出発の前に市長へあいさつ

ポーランドは、ロシアから侵攻を受けるウクライナの隣の国。遠征の目的はそこで暮らすウクライナ人の子どもらとのサッカー交流です。

「サッカーで人と触れ合うことを楽しみにしています」(中学3年生 藤田洸太郎さん)

「どんな暮らし、どんな苦しみがあるのか、感じたことを同世代のみんなや我々世代に伝えてくれたらありがたいですよね」(蒲郡市 鈴木 寿明市長)

中学生を引率するのは、蒲郡市出身の元プロサッカー選手・加藤康弘さん。現在は蒲郡市で子どもたちを対象にしたサッカーチームを運営しています。

「ウクライナ戦争があるこの時期に行くことで、平和であるありがたさや、当たり前じゃないことを子どもたちと一緒に感じたい」(加藤さん)

ウクライナは「第二のふるさと」

元プロサッカー選手 加藤康弘さん

加藤さんは現役時代、ウクライナやポーランドなど海外5か国でプレーしました。中でも忘れられないのが、ウクライナでの現役時代だと振り返ります。

「ウクライナは基本ロシア語です。不動産の契約でアパートの契約から、全部自分でしなくちゃいけなかったので、英語が話せるチームメートが助けてくれました。今でも本当に感謝の思いでいっぱいです」(加藤さん)

しかし、2022年2月にはロシアによるウクライナ侵攻により、第二のふるさとは戦火に見舞われました。『何か自分ができることはないか』と考えた加藤さんは、サッカーを通して笑顔を取り戻してもらいたいと、これまでに3度ポーランドへ渡航。ウクライナからの避難民の子どもたちにサッカーを教えてきました。

中学生9人がポーランドに遠征

そして4度目となる今回は、中学生9人を連れて行くことを決めたのです。

「一人でも多くの人の心の傷を、癒してあげたい」(中学3年生 上石 遼さん)
「(ウクライナ人の子どもたちには)サッカーやってる時だけは楽しんでもらいたい」(中学3年生 西富 颯愛さん)

おすすめの記事

おすすめの記事

アクセスランキング

アクセスランキング

ページトップへページトップへ